福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

新型コロナ感染拡大に伴い、各店舗の営業・定休日等に変更が 生じる場合があります。
必ず事前に店舗にご確認いただきますよう お願い申し上げます。

まじうまコラム

白河高原清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河高原清流豚(しらかわこうげんせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河高原清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

美酒嘉肴 ゆきみさけ

精米したて、炊き立て、あつあつご飯にほっとする。平田村出身の女将が経営。震災後、故郷福島の応援をしようと決意し、店をオープン。カウンターに並ぶ、季節の手作りおばんざい、新鮮な魚料理を手軽な価格で提供している。若清水酒造の…

酒処 身知らず

会津若松市出身のオーナーが経営する店。馬刺し、こづゆ、棒鱈の煮つけ、くじら汁といった会津料理を中心に、浜通りのメヒカリなど、地元料理を提供。日本酒は、会津中将一筋。純米から吟醸まで豊富にそろっている。会津特産の柿「身不知…

旬炉 あわい

須賀川市出身のオーナーが経営する「全国より厳選した鮮魚や旬な食材が集まる、大人の居酒屋」。川俣シャモは、15年前のオープン時から使っており、仕入先の(株)川俣町農業振興公社との強い繋がりから、レバー、ハツなど稀少な部位が…

五色 GEMS 市ヶ谷店

″五色″は五色沼から命名。福島市出身のオーナー、相馬市出身の料理長。福島への思いが熱い統括マネージャーがいるお店。福島の生産者に会い、産地への理解を深め、メニューに反映している。希少な相馬ミルキーエッグが食べられる。土曜…

店名から探す